ここから本文です

ユナイテッド航空、アジア人男性医師を無理やり引きずりおろす SNS上でボイコットも

ねとらぼ 4/11(火) 12:23配信

 アメリカのユナイテッド航空3411便で、座席が足りないため機内からおりるよう要請された69歳のアジア人男性が拒否したため警察によって暴力的に機内から引きずりおろされるという衝撃的な動画が、居合わせた乗客たちによって投稿されメディアやSNSで拡散されています。

【画像】ユナイテッド航空の公式声明

 ユナイテッド航空は到着先への移動が必要な4人の自社乗務員の座席を確保できておらず、オーバーブックのような状況を招いてしまったため800ドルとホテルへの宿泊を条件に乗客が自主的に降機することを望みましたが、誰も挙手しなかったためにコンピューターで4人をランダムに選んだとのこと。当該男性は医師で、翌日も患者を抱えていたために拒否したところ、シカゴ市警察が呼ばれ暴力的に強行されてしまいました。動画には機内の床を引きずられていく男性の呆然とした表情と、それを見るほかの乗客たちの緊迫した空気が記録されています。

 強制的に降機させられたあとで、男性は機内へ戻ってきます。しかし「家に帰る、家に帰る」と繰り返しながら通路を駆けたあと、機内のカーテンにしがみつきながら「殺される、殺される」とつぶやく様子はあきらかにショック状態。おろされるときに座席の手すりに強く顔をぶつけたため、顔面から流血しておりとても痛々しい様子です。

 その後ユナイテッド航空のCEOは、公式サイトやSNSで「今回のことはユナイテッド航空にとって気が動転するような出来事でした。(4人の)乗客に(座席の)再調節をさせてしまったことを謝罪いたします」とコメントを出しましたが、これがさらに人びとの怒りを招くことになりました。ユナイテッド航空のチームは詳細を把握すべく急速に動いており、乗客とも直接コンタクトを取るとしていますが、謝罪は乗客の搭乗変更に対してなされたに留まり男性への暴力的な対応には何もコメントされませんでした。

 Twitter上ではこれに対し、「飛行機の床にドクターを引きずったことがただの『再調整』だっていうのか?」などと憤るコメントが殺到し、ユナイテッド航空の利用をやめようと呼びかける「♯BoycottUnited」「♯BoycottUnitedAirlines」のタグが拡散されています。

 ユナイテッド航空は以前にもレギンスを着用した少女を「適切な服装でない」という理由で搭乗拒否するなどネガティブな出来事が続いています(関連記事)。

※12日追記:原因が従業員搭乗のためであることに合わせて本文を修正しました。

最終更新:4/12(水) 18:47

ねとらぼ