ここから本文です

【ホンダ レブル 西海岸LA試乗】クセのあるハンドリングはNG…開発責任者談

4/11(火) 20:45配信

レスポンス

「ビギナーが乗ったときも、ハンドリングでこわい思いをさせたくありませんでしたから、クセのある操作感にはしたくなかったんです」

[関連写真]

そう話すのは『レブル500』と『レブル300』のLPL(開発責任者)三倉圭太さん。米国カリフォルニア・ロサンゼルスにておこなわれた現地メディア向け試乗会でのことだ。

新型レブルはフロントにファットタイヤを履く前後16インチの足まわりで、タイヤサイズは前130/90-16、後150/80-16。この迫力あるファットな前輪サイズはホンダでは初で、見るからにクセがありそう。

しかし三倉さんは、トレール量(110mm)やフォークアングルを徹底追求し、フレームのヘッド角28度に対し、フォーク取付角をプラス2度の30度とするスランテッドアングルとするなどし、ニュートラルなハンドリングを実現した。

ちなみに車体の基本構成は500と300でほぼ共通で、正立式フロントフォークはインナーチューブ径41mm。前後サスのバネレートは同じだが、セッティングをそれぞれで最適化し、クイックすぎない素直な操作感を獲得している。

イージーライドが持ち味で、バイクに乗り始めたばかりの若者たちもターゲットではあるが、この軽快でクセのないハンドリングは、コーナーではエキスパートも唸らせる走りができそう。

実際に試してみると、粗悪なアスファルトに砂の浮くスリッピーな路面であるにも関わらず、知らぬ間にステップが地面を擦るほど素直に車体が寝ていくではないか。バンクセンサーはないのだから、こんな走りは想定外だが、ワインディングでも侮れないのがよくわかる。

ビギナーがライディングテクニックを学ぶのにうってつけだし、この旋回性なら上級者も楽しめそうだ。

協力:ホンダ(試乗会)



《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:4/11(火) 20:45
レスポンス