ここから本文です

Doleからピコ太郎へパイナップル1年分贈呈、盛り上げてくれてありがとう

お笑いナタリー 4/11(火) 15:06配信

本日4月11日、「Doleパイナップル感謝状授与式」と題されたイベントが東京・国際文化会館で行われ、ピコ太郎が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これはパイナップルとバナナを中心に青果物などを生産・販売するDoleが、パイナップル業界を盛り上げてくれたピコ太郎に感謝を伝えるために実施したイベント。Doleでパイナップルの生産・品質管理に携わるジョージ・C・パエス氏が、ピコ太郎に感謝状とパイナップル1年分を贈呈した。

感謝状を受け取ったピコ太郎は「逆に(パイナップルを)使わせてもらってありがとうございますって感じ」「縄文式並に“ドキドキ”しています」と恐縮しきり。またパイナップル1年分を目の当たりにすると、その光景がツボに入ったようで「ヒャッハッハッハ! 新しい部屋借りないと」と大笑いする。

続いて司会からは「今の気持ちを込めて『PPAP』をお願いします」とリクエストが。ピコ太郎は「重いPPAPですね……こんな数のパイナップルの前で歌うのは初めてです」と話し、「パイナップル」の部分を大きな声で強調したPPAPを披露。歌い終わったあとは「Doleさんから感謝状と1年分のパイナップルを受け取ってPPAPを歌う……カオスです! 混沌としております。脳のCPUが古いんで処理が追いついていません!」と戸惑い、記者陣の笑いを誘う。

また「パイナップルの切り方を覚えないと死活問題」と語るピコ太郎のために、Doleの担当者がパイナップルの切り方を教えるコーナーも。ここではピコ太郎がカットされたパイナップルを試食し「甘い。すごく鳥肌が立っちゃいました。もうすぐ羽毛が生えてくると思います」とその味を絶賛した。

イベントの最後、ピコ太郎は改めて「よく思うことなんですけど、ニコッと笑顔になることが人生における甘味なのではないでしょうか。最近は世界中の皆さんに一瞬でも甘味を感じてもらいたいと思って、歌っていることが多い。そういうものをDoleさんも求めて、パイナップルのクオリティを高めているんだろうなと思います」とコメント。続けて「そんなDoleさんに感謝状をいただいたのが、うれしくて、気持ちよくて……今日は寝ないと思います。明日の6時くらいに寝ます」と喜びを述べ、イベントを締めくくった。

最終更新:4/11(火) 15:06

お笑いナタリー