ここから本文です

【競馬】新種牡馬ロードカナロアに注目大 並み居る先輩に立ち向かえるか

4/11(火) 14:00配信

デイリースポーツ

 桜花賞が終わり、今週末には牡馬クラシック第1弾の皐月賞が行われる。3歳クラシックロードが佳境に入るとともに、目前に迫っているのが2歳戦だ。既に美浦トレーニングセンターでは20頭の2歳馬がゲート試験に合格(9日時点)し、デビューに向けて着々と態勢を整えている。

 架空の馬主として仲間内で馬主気分を味わえるPOGも、“ドラフト会議”へ向けてそろそろ活気づいてくる頃。競馬ファンの誰もが気になるのが、今年産駒がデビューする新種牡馬の評判だろう。例年以上に豪華な新種牡馬ラインアップの中で、個人的に最も注目しているのがロードカナロアだ。

 現役時代に国内外の短距離G1を総なめしたロードカナロアは、19戦13勝(うちG1・6勝)の成績を残して14年、北海道の社台スタリオンステーションにスタッドイン。1年目から250頭の種付けが設定されたことから分かるとおり、関係者の期待は相当高い。

 福島県・ノーザンファーム天栄の木實谷雄太場長は話す。「近年ノーザンファーム育成馬は短距離路線で苦戦していました。その層を厚くするために期待されているのがロードカナロアです」。昨年もダービーや菊花賞、有馬記念を制すなど、クラシックディスタンスの強さが際立つノーザン生産馬。そして唯一とも言える弱点の強化を図るべく、短距離王のロードカナロアが配合されたという。

 「産駒の特徴として若干、脚のさばきが硬い部分は見受けられますが、どの馬もスピード感満点の動きを見せており仕上がりも早い。早い時期から活躍を期待できそうです」と現2歳馬の活躍を約束した。

 その中から関東馬のオススメを伺ってみたところ、スティルヴィオ(牡、母ラルケット、美浦・木村哲也厩舎)の名前が挙がった。「既にゲート試験に合格し、8日に放牧済み。6月から始まる東京開催のデビューを目指して調整を進めていきますが、レースでどんな走りを見せてくれるのか楽しみにしています」。

 今年は他にも6冠馬オルフェーヴルのファーストクロップがデビュー。5年連続リーディングサイアーのディープインパクトや、現3歳世代の活躍が著しいハーツクライといった並み居る先輩たちに、新種牡馬がどう立ち向かっていくのか興味は尽きない。(デイリースポーツ・刀根善郎)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ