ここから本文です

横手で「物語」絵画展 連載小説の原画など137点 /秋田

みんなの経済新聞ネットワーク 4/11(火) 20:52配信

 秋田県立近代美術館(横手市赤坂富ヶ沢)で現在、企画展「絵画×物語 描かれたストーリー」が開かれている。(横手経済新聞)

福田豊四郎が描いた絵本「夕鶴」原画

 明治期の日本画家で仙北市出身の平福穂庵や、秋田市出身の勝平得之の版画作品など、中国の故事や日本の説話、絵本、小説の挿絵など、物語とともに描かれた、同館所蔵の作品137点を展示する同展。

 同館学芸員は「勝平や福田豊四郎が描いた新聞連載小説の挿絵原画などは、来場者から『連載当時のことを思い出す』と感想をいただいている。作品に描かれた物語を解説するガイドも用意している。絵画と物語の世界を楽しんでいただければ」と来場を呼び掛ける。

 開館時間は9時30分~17時。入場無料。4月16日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/11(火) 20:52

みんなの経済新聞ネットワーク