ここから本文です

浅田舞 妹・真央の引退に涙「ついにこの日が来たんだな」

デイリースポーツ 4/11(火) 15:04配信

 現役引退を表明した女子フィギュアスケート浅田真央(26)の姉・浅田舞(28)が11日、横浜市内で出演する舞台の公開稽古の後に取材に対応。「本当にお疲れ様という言葉と…ありがとうという感じです」と涙ぐんだ。舞は10日、引退発表直前に、フジテレビの特番で真央にインタビューを行っていた。

 この日の囲み取材の冒頭、舞はまず、「今日もたくさんの人にお集まりいただきありがとうございました。これまで21年間、メディアの方やファンの方に支えられてスケート人生を歩んで来られたと思っているので、家族として、多くの方に感謝の思いでいっぱいです」と姉として感謝。

 10日夜、真央がブログで引退を発表する前も特番収録で一緒におり、「きょう(引退を)発表するよ」と事前に伝えられていたという舞。「ついにこの日が来たんだなという気持ちで一杯でした」と振り返った。

 今、かけてあげたい言葉について聞かれると、涙ぐみ、「そうですね…」と言葉を詰まらせた。「本当にお疲れ様という言葉と…。こういうことを聞かれるといろんな思いがこみ上げてきて…。ありがとうという気持ちですかね」と語りながら、「本人は明るく晴れやかな気持ちで次へ向かって歩き出したので、私が涙を流しちゃいけないと思うんですけど、これからも姉妹で助け合って成長しあえたらなと思います」と最後は笑顔を見せた。

 印象に残っている演技については、SPの出遅れから奇跡の演技と世界で評価されたソチ五輪のフリーを挙げた。「一つには決められないんですけど、皆さんも覚えているかもしれないですけどソチ五輪のフリーの演技はすごいものがありましたので、それを挙げさせていただきます」とした。

 舞が出演する舞台「SAMURAI ROCK ORCHESTRA AMAZING八犬伝」は28日、29日にディファ有明で開催。元体操選手の池谷直樹が演出し、舞にはインラインスケートを履いて演じるシーンもある。

最終更新:4/11(火) 18:08

デイリースポーツ