ここから本文です

えっ!吉田沙保里の適性スポーツはバスケットボール!?

デイリースポーツ 4/11(火) 16:16配信

 五輪レスリング3連覇の吉田沙保里(34)=至学館大職=が11日、都内で行われた「JALネクストアスリートプロジェクト」発表会見に出席し、スポーツ能力測定に挑戦。全6種目中3種目を測定し、最も向いている競技はバスケットボールという結果が出た。フェンシング、ラグビーと続き、レスリングは何と4番目だった。

 「ジャンプ」「バランス力」「ステップ」に挑んだ吉田が、思わず「えーっ」と大声を出した。2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、全国各地で子どもたちのスポーツ能力測定会を行い、適正スポーツとトレーニング方法をアドバイスしていこうという取り組みの発表会見。その能力測定を体験した吉田には、まさかの結果だ。

 「こんな簡単に何が向いているかわかるなんてうらやましい。夢を持つことは大切。東京には間に合わなくても次でも、その次でも。体力の低下とかある中で、またこれでスポーツを始めてくれれば日本にとっていいこと。全員が五輪に出られるわけじゃないが、長生きということにもつながる。では私はレスリングじゃなくバスケットボールを!」と笑わせた。

 日本航空の大川代表取締役専務によると、測定は小学生から大学生までを対象に20年までにすべての都道府県を回る予定だという。1回目は5月に熊本で実施する。

最終更新:4/11(火) 16:58

デイリースポーツ