ここから本文です

角界も同級生・遠藤らショック 日馬富士「引退か…最近その言葉は響くんだ」

4/11(火) 16:25配信

デイリースポーツ

 大相撲の静岡・三島巡業が11日、行われ、フィギュアの浅田真央(26)の引退に力士たちも驚きとショックを隠せなかった。

【写真】超お宝ショット!引退発表直前の真央・舞のインタビュー

 26歳同級生の平幕遠藤(追手風)は「若手とかベテランは競技によって違う。フィギュアだと26歳でもベテラン。大学生の頃、テレビでバンクーバー、ソチ五輪とも夜、起きて見ていた。同級生ですごいと思って見ていた。ケガとか見せないのがすごかったと思う」と、同世代として特別な思いがあった。

 演技が始まれば手に汗を握り応援。ジャンプを飛ぶと「着氷してくれ~、と息が止まった」と言う。

 「技術うんぬんより人を引き付ける魅力があった。国民に愛される魅力があった。(卓球の福原)愛ちゃんもそうだけど、小さい頃から活躍してそういう子が引退するのはビックリ」と話した。

 横綱鶴竜(31)=井筒=は「フィギュアは(現役の)寿命が早い。2回オリンピックに出て目標(金メダル)を達成できなかった。次のオリンピックで金メダルを獲るということが達成できないからという気持ちなのかな。メンタルは大きい」と精神面の維持の難しさを思いやった。横綱日馬富士(32)=伊勢ケ浜=は「引退か…、最近その言葉は響くんだ。(俺は)もう少しやらせてくれ」と、語った。