ここから本文です

Windows 10向け「Skype」アプリが更新、チャット検索対応など多くの機能を改善

Impress Watch 4/11(火) 16:56配信

 米Microsoft Corporation傘下のSkypeは10日(現地時間)、Windows 10向け「Skype」アプリの最新版v11.13.133を公開した。今回のアップデートでは、連絡先や会話、通話などの機能でさまざまな機能改善が施されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 まず、連絡先機能で「People」アプリとの接続がサポートされた。「People」アプリで管理している連絡先を「Skype」から簡単に利用することができる。「People」アプリとの接続は、「設定」アプリの[ホーム]-[連絡先]画面で無効化することも可能だ。

 また、会話機能ではチャットを検索する機能が追加。“Skype クレジット”でSMSを送信する機能も搭載された。そのほかにも、キーボードショートカットが新たにサポート。現在のところ、[Ctrl]+[I]キーで自分のプロフィールを開いたり、[Ctrl]+[,]キーで設定画面を開く、上矢印キーで直前に送信したメッセージの内容を編集するといったコマンドがサポートされているようだ。

 一方、グループ通話機能ではビューが再設計された。通話中にマイクやカメラを切り替える機能もサポートされており、全体的な使い勝手が向上している。

 Windows 10向け「Skype」アプリは、現在“Microsoft ストア”から無償でダウンロード可能。すでにインストールしている場合は「ストア」アプリ経由でアップデートできる。

■リアルタイム翻訳機能“Skype翻訳”は日本語音声をサポート

 なお、リアルタイム翻訳機能“Skype翻訳”における日本語音声のサポートも、8日(日本時間)に発表された。統計的手法によるものからニューラルネットワークベースとなり、翻訳の精度も向上しているという。

 “Skype翻訳”はデスクトップ版およびWindows 10版で利用可能で、モバイルは現在のところWindows 10 Mobileを含めて対応していない。また、グループ通話もサポートされておらず、1対1での通話のみ利用できる。

 リアルタイム翻訳を開始するには、発信する前にチャット画面で“Skype翻訳”を有効化し、言語を選択しよう。すると、自分の言葉が相手の言葉へ翻訳される。翻訳処理は発信者側で行われるため、受信の際は利用できないが、内部で英語を介し9カ国語への翻訳が可能となっており、海外の友人とコミュニケーションをとる際に頼りになる。

Amazonで関連商品を購入:Windows 10 Home Creators Update 32bit/64bit オンラインコード版Windows 10 Pro Creators Update 32bit/64bit オンラインコード版ソフトウェア情報「Skype」【著作権者】SkypeおよびMicrosoft【対応OS】Windows 10、Windows 10 Mobile【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】11.13.133(17/04/10)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:4/16(日) 16:37

Impress Watch