ここから本文です

吉田沙保里、浅田真央を国民栄誉賞に“推薦”「値するくらいの選手」

スポーツ報知 4/11(火) 14:46配信

 レスリング女子で16年リオ五輪53キロ級銀メダリストの吉田沙保里(34)=至学館大職=が11日、電撃引退を発表したフィギュアスケート女子の浅田真央(26)=中京大=を国民栄誉賞に“推薦”した。自身も12年に13大会連続世界一などを評価されて受賞しているが「真央ちゃんも国民栄誉賞に値するくらいの選手。そういう思いは強い」と熱を込めた。

【写真】真央の引退にこみ上げる思いを明かした姉の舞

 同じ愛知県が練習拠点で、無料通信アプリ「LINE」で連絡をとる仲。引退発表後に「お疲れさま」とメッセージを送ると、真央からは「ありがとうございます。これから次の目標に向かって頑張ります。沙保里さんを尊敬しています、これからも応援しています」などという内容の返事が来たという。

 この日は都内で「JALネクストアスリートプロジェクト」の発表会見に、車いすテニス女子の上地結衣(22)=エイベックス=とともに出席。主に10代を対象に体力測定を全国で開催し、次世代のオリンピアン発掘につなげる試みだ。吉田は測定種目のうち、垂直跳びなど3種目を体験。「小さい頃から夢を持ち、何かスポーツに携わって頑張って欲しい」と語っていた。

最終更新:4/11(火) 16:14

スポーツ報知