ここから本文です

SMPS用のインタリーブ型力率改善制御IC

EDN Japan 4/11(火) 21:32配信

 STマイクロエレクトロニクスは2017年、スイッチング電源(SMPS)用のインタリーブ型力率改善コントローラーIC「STNRGPF01」を発表した。平均電流モード制御を用いて、固定周波数の連続電流モード(CCM)で動作する。

 STNRGPF01は、I2CインタフェースとUARTインタフェースを搭載。数kHzから300kHz超の周波数のプログラミングが可能で、IGBTまたはパワーMOSFETの出力段を制御できる。他に、突入電流制限やPFCソフトパワーオンなどの機能も設定が可能だ。

 内部電流ループはサイクル・バイ・サイクル方式で制御するが、外部電圧ループはデジタル比例積分(PI)コントローラーが制御を行い、高速ダイナミック応答を実施する。3つのインタリーブ位相をサポートするため、リップル電流を低減し、500W~20kW以上の幅広い電力範囲を可能にした。

 IC設定用のファームウェアや回路図、部品表を自動生成するオンライン設計環境「eDesignSuite」を利用すれば、簡単な設定を行うだけで、モーター駆動機器、ポンプ、無停電電源装置、生活家電などの電力効率や安全性などを向上できる。

 現在量産中で、TSSOP38パッケージで提供される。1000個購入時の単価は、約3.50米ドルとなる。

最終更新:4/11(火) 21:32

EDN Japan