ここから本文です

金の延べ棒奪い、男ら逃走=1億円相当、途中で落とす―東京・上野

時事通信 4/11(火) 20:18配信

 11日午後0時半ごろ、東京都台東区上野の路上で、貴金属販売会社の従業員2人が4人組の男に襲われ、金の延べ棒20本(9400万円相当)入りのキャリーバッグを奪われた。

 男らは逃走中に誤って落とし、追い掛けた従業員が取り戻した。警視庁上野署が強盗容疑で行方を追っている。

 同署によると、40代の男性従業員2人が客に届けるため会社前の路上でタクシーを待っていたところ、1人が突然背中を蹴られ、バッグを奪われた。男の1人がバッグを抱えて約20メートル走ったが落とし、他の3人とともに北の方向に逃走した。

 男らはニット帽やマスクを着用し、一言も話さなかった。金の延べ棒は1本1キロで、従業員の話では、この時間に運ぶことは客以外は知らないという。現場はJR御徒町駅のそば。 

最終更新:4/11(火) 20:44

時事通信