ここから本文です

対北朝鮮圧力に「強い懸念」=米長官訪問で声明―ロシア外務省

時事通信 4/11(火) 21:26配信

 【モスクワ時事】ロシア外務省は11日、ティラーソン米国務長官のロシア訪問について声明を出し、米国が北朝鮮への圧力を強めていることに「強い懸念」を示した。

 
 声明は、米国が対北朝鮮で「一方的な武力行使の可能性を示唆している」と憂慮。国連安保理決議に基づき朝鮮半島の非核化を進めることが重要と強調した。 

最終更新:4/11(火) 21:59

時事通信