ここから本文です

広島が乱戦制して8連勝 菊池1号2ラン含む5安打 プロ初4番鈴木は3安打2打点

デイリースポーツ 4/11(火) 22:05配信

 「巨人6-9広島」(11日、東京ドーム)

 首位の広島が、乱戦を制して1分けを挟んで8連勝とした。

【写真】広島・菊池困惑…ノムさん、一刀両断「おれは認めない」

 3点を追う広島は六回、プロ入り初の4番に入った鈴木の左前打を足掛かりに1死一、三塁から野選で1点を返し、なおも2死二、三塁から代打・小窪が右越えに2点適時三塁打を放ち同点とした。続く田中は四球を選び、巨人のエース菅野をKO。菊池は代わったばかりの谷岡から中前適時打を放ち勝ち越した。なおも2死満塁から鈴木がこの回2度目の打席で中堅右へ2点適時二塁打を放ち、リードを広げた。

 巨人はその裏、2番手ヘーゲンズを攻め4安打と四球で一気に3点を奪い同点とした。なおも無死一、二塁と好機が続いたが勝ち越すことができなかった。

 連勝中の広島は直後の七回、ソフトバンクから巨人にFA移籍した森福を攻略。1死二塁から小窪が左前適時打を放ち再び勝ち越し。なおも2死二塁から菊池が今季1号となる2ランを左翼席に運んだ。菊池は5安打3打点と活躍。プロ入り初の4番に入った鈴木も3安打2打点と主軸の仕事をした。

 同点となった六回無死一、二塁のピンチで登板した中田が、今季初勝利。九回を締めた今村が今季初セーブを挙げた。

最終更新:4/11(火) 22:31

デイリースポーツ