ここから本文です

【インド】豪州からのウラン供給、早期開始へ

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 4/11(火) 17:48配信

 インドを訪問している豪州のマルコム・ターンブル首相は10日、ナレンドラ・モディ首相と会談。ウランを早期に輸出する用意があると伝えた。PTI通信が同日付で報じている。

 世界のウラン埋蔵量の40%が集中する豪州は、年間7,000トン近くのイエローケーキ(ウラン精鉱)を出荷している。核不拡散条約(NPT)に未加盟のインドにはウランを輸出してこなかったが、2012年に方針を転換。14年9月に民生用原子力協定に署名した。

 モディ首相は、豪州議会がウランの対印輸出に関する法案を超党派の賛成で可決したことに謝意を表明。首脳会談後に出された共同声明で両国は、豪州製ウランの対印商業輸出が始まることに期待を示した。

最終更新:4/11(火) 17:48

INDO WATCHER ビジネスプレミアム