ここから本文です

富士山噴火避難計画 観光施設に義務化

山梨日日新聞 4/11(火) 8:42配信 有料

零細業者は「無理難題」

 富士山噴火に備え、活動火山対策特別措置法に基づき義務付けられた個別の避難確保計画策定をめぐり、対象エリアに入った山梨県内の宿泊施設や飲食店などの経営、管理者から困惑の声が上がっている。富士河口湖町や鳴沢村は個人経営の施設が多く、経営者の高齢化が進み、「自分で実効性ある計画を作るのは負担が大きい」(観光業者)のが実情。また避難時は車の渋滞などが予想され、計画策定には「行政の指導や調整が欠かせない」との指摘が出ている。…本文:2,468文字 この記事の続きをお読みいただくには、世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    486円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:4/11(火) 16:03

山梨日日新聞