ここから本文です

岩村明憲、引退会見で語った愛媛愛、東北愛 一問一答「今後も何苦楚魂で」

4/11(火) 7:40配信

Full-Count

現役生活のピリオド「トータル的に考えて引退した方がいいのかなと」

 ルートインBCリーグ・福島ホープスの岩村明憲選手兼監督兼球団代表が10日、都内で会見を行い、今季限りでの現役引退を発表した。ヤクルト、MLBレイズ、楽天などでプレーし、日本代表として2度のWBC制覇にも貢献した岩村は、NPB通算1194試合出場で1172安打、打率.290、193本塁打、615打点をマーク。3球団に所属したメジャーでは通算408試合出場で打率.267、16本塁打、117打点の成績だった。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 2015年からBCリーグ福島の選手兼監督に就任し、同年11月からは球団代表も務めて“三刀流”の活動を続けていた岩村氏は会見で、引退決断の理由などを説明。さらに、第2の人生も座右の銘である「何苦楚魂(なにくそだましい)で進んでいきたい」と誓った。

 以下は引退会見の主な一問一答。

――冒頭挨拶。

「今季をもちまして現役生活にピリオドを打ちたいと思います。21年間のプロ生活、いろいろな思い出があります。振り返るのは難しいですけど、1試合1試合、全力で駆け抜けてきました。まず両親に感謝し、家族に感謝しながら、ここまで野球生活を続けてこられたことを誇りに思っています。これからは今まで経験させてたいただいたことを軸に、野球界に携わっていきたいなと。またこれからも自分の経験したことを、後輩たちに伝えていかないといけないなという覚悟で、精進していきたいと思っております」

――引退を決意した一番大きな理由は?

「今、BCリーグ・福島ホープスというチームに在籍させていただいていますけども、プロ野球から離れて今年で3年目になります。自分の中で、どこでどう引き際を決めればいいのかなっていう思いは、正直1年目からありました。ただ、体が動く以上は野球をしたいなっていう気持ちもありました。1度アメリカにも行かせていただいた中で、どういう舞台であっても野球ができることに喜びを感じながら、また自分自身が福島ホープスに来た理由も、僕自体が楽天さんに御世話になっていた時に東日本大震災がありまして、東北の方々になんとか自分ができることをしてあげたいなっていう思いの中で、ただただ空回りする2年間だった。本当に悔しい2年間の後、またチャンスをくれた福島ホープスに非常に感謝しています。

 ただ1年でユニフォームを脱ぐのはどうかなと。まだまだ体が動くうちは、というところで、若い選手たちと共にここまでやってきました。BCリーグはいろいろなルールがあります。そういう中で、自分が今、監督という立場もありまして、選手たちを育てていく中で、自分の名前が足かせになっている部分も正直ありました。そういう部分をいろいろ加味しながら、ただこうして自分がけじめをつけながら一線を引けるチャンスをいただけたことに感謝しています。そういうことをトータル的に考えて今年いっぱいで引退した方がいいのかな、と、自分の中で結論を出しました」

1/3ページ

最終更新:4/11(火) 7:40
Full-Count

スポーツナビ 野球情報