ここから本文です

「目標はアンチェロッティ」ミラン黄金時代の再興を夢見るモンテッラ、来季続投に意欲

GOAL 4/11(火) 18:14配信

ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が10日、ミランの公式チャンネル『ミランTV』のインタビューに応じ、自身のキャリアの目標としてバイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督を挙げた。

モンテッラは今シーズンからミランの指揮官に就任し、23歳のFWスソを始めとした若手を中心にチーム作りを推し進め、長らく低迷していたミランに新たな風を吹き込んだ。前節でライバルのインテルが降格圏のクロトーネに敗れて後退したため6位へ浮上し、ヨーロッパリーグ出場権を確保できる5位まで2ポイント差と迫った。

モンテッラがミランの指揮官として目標に掲げているのはアンチェロッティだ。つい最近も、インテルとのミラノダービーを15日に控えるモンテッラにメッセージを送り、激励してくれたという親しい間柄だ。

「私が監督としてのキャリアを始めようとしていた時、最初に扉を開いてくれたのは当時チェルシーを率いていた彼だった。いろんなことを教えてくれて、私は本当に感謝している。簡単ではないと分かっているが、私もミランで彼と同じ道をたどりたい」

アンチェロッティは2001年から8シーズンにわたりミランを指揮した。在任中はスクデット(2003-04)やコッパ・イタリア(2002-03)の国内タイトルのみならず、チャンピオンズリーグ(2002-03、2006-07)やクラブワールドカップ(2007)を制した。

ミランではオーナーの交代を含め、来シーズンに向けて様々な憶測が飛び交っている。モンテッラ自身の去就も現段階では不透明だが、偉大なる先輩、アンチェロッティの偉業を成し遂げようと大きな目標を掲げている。

最終更新:4/11(火) 18:14

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合