ここから本文です

吉田麻也よりも急成長したチームメイト 英紙が紹介した「今季最も成長した選手」に選ばれたのは

4/11(火) 7:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

吉田も急成長したが

マンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングやエヴァートンMFイドリッサ・ゲイェなど、今季のプレミアリーグでは予想以上の活躍を見せた選手がいる。スターリングはマンC移籍以降ベストパフォーマンスを発揮できていなかったが、今季はジョゼップ・グアルディオラの下で覚醒。持ち前の突破力も復活し、選手として大きく進歩したように思える。ゲイェも今ではエンゴロ・カンテと比較される存在にまでなっており、エヴァートンにとっては予想以上の収穫となったはずだ。

ジェラード、ランパードら”黄金世代”をも超える「世界最強の20歳」

英『FourFourTwo』は、このように予想以上の活躍を見せた「今季最も成長した選手」をクラブ別で紹介している。日本のサッカーファンにとって気になるのは、サウサンプトンだろう。今季は日本代表DF吉田麻也が急成長しており、今季最も成長した選手に選ばれても不思議はない。しかし、同メディアが選んだのは吉田ではない。選ばれたのはサイドで活躍するFWネイサン・レドモンドだ。

レドモンドは昨夏にノリッジ・シティから加入。昨季の時点で突破力のある選手として評価を受けていたが、今季はサウサンプトンの攻撃を引っ張る主軸として成長した。さらにイングランド代表デビューも果たしており、今季成長した選手の1人なのは間違いない。インパクトで言えばこれまで3番手だった吉田も負けてはいないが、伸び盛りの23歳レドモンドが選ばれている。

他クラブを見ていくと、イングランド代表にも選ばれたバーンリーDFマイケル・キーン、トッテナムでは21歳のMFハリー・ウィンクス、首位を走るチェルシーからはウイングバックとして才能を開花させたヴィクター・モーゼス、クリスタル・パレスからはマンチェスター・ユナイテッドでの失敗を乗り越えたウィルフリード・ザハなどが選ばれている。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合