ここから本文です

東京・江東区長 都PTの“豊洲売却案”に憤慨

TOKYO MX 4/11(火) 22:35配信

TOKYO MX

 市場の移転を巡って、民間の有識者らが問題を検証する東京都の市場問題プロジェクトチームが8日に明らかにした試算が波紋を広げています。豊洲に移転した場合と、築地市場を改修した場合の費用を試算したものです。

 東京・築地市場を改修し、豊洲市場を解体して売却する案では、跡地にマンションなどを建設することが例として示されています。これに対し、豊洲市場の地元・江東区の山崎区長は11日の定例会見で「寝耳に水の話だ」と強く批判しました。

 山崎区長は「豊洲市場を解体して売るとはとんでもない考え方。寝耳に水の話。マンション業者に売ることがあるとすれば学校はどうする、公共施設はどうする、交通はどうする。さまざまな問題を江東区が抱える。そういった相談なしに提案すること自体、非常に憤慨している」と述べ、地元への相談なしに案を公表する東京都の姿勢に疑問を呈しました。

 また、築地の再整備については、過去にも東京都が検討したものの断念したことに触れ「再整備が頓挫したら誰が責任を取るのか」と指摘し、プロジェクトチームの専門家たちにはこれまでの経緯を理解してほしいとしました。

最終更新:4/11(火) 22:35

TOKYO MX