ここから本文です

「タラレバ娘」ではクズ不倫男役......田中圭、新ドラマ「恋ヘタ」でも一癖あり!?

トレンドニュース(GYAO) 4/11(火) 15:53配信

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「恋がヘタでも生きてます」(毎週木曜23時59分~)が、4月6日よりスタートした。同局系ドラマ「東京タラレバ娘」で卑怯(ひきょう)な不倫男を演じた俳優・田中圭が、またも一筋縄ではいかない男を演じている。

田中圭、新ドラマ「恋ヘタ」でも一癖あり!?>>

■2クール連続で「王子様に見えて実は......」?

「恋がヘタでも生きてます」は、藤原晶による同名漫画が原作。スマホゲーム会社で働く仕事人間・茅ヶ崎美沙(高梨臨)は、突然現れた経営のプロ・雄島佳介(田中圭)に念願だった社長の座を奪われてしまう。しかも佳介は、美沙に交際を申し込んできた――!?

佳介は、いかにも王子様! というキャラクター。いきなりキスするような強引さもあるが、甘いマスクのせいでなんでも許せてしまう。いかにも女性を口説き慣れている言動も、子犬っぽい童顔によりチャラ男的な印象を与えない。しかし、「どうやら『恋ヘタ』は、恋愛下手なヒロインが、この王子様に翻弄(ほんろう)されつつも惹(ひ)かれていく王道ラブコメらしい」と思っていると、第1話ラスト、佳介は何か狙いがあって美沙に近づいているらしいことがわかる。

田中は前クールに放送された「東京タラレバ娘」では、不倫に走る妻帯者を演じて、「クズすぎる」と話題を呼んだ。もしかすると田中は2クール連続で「王子様に見えて実は......?」という役どころを演じることになるのかもしれない。

■淵上泰史は「カラダだけ」求める男役

淵上泰史演じる美沙の同僚・橋本司も強烈なキャラクターだ。司は、女性とは「気持ちはいらない。カラダだけ」という価値観の持ち主。一方、美沙の親友・榎田千尋(土村芳)は、セックスが下手なせいで婚約者に浮気されてしまう。今後千尋が司に“恋と性の相談“をする仲になるらしく、美沙と佳介の関係と同様気になるところ。

「恋ヘタ」は、「登場人物全員、『恋が下手』」というのを売り文句にしている。つまり今のところ女性を翻弄(ほんろう)する立場の男のように見える佳介と司だって、なんらかの恋愛下手さを抱えているということだろう。

4月13日放送の第2話では、美沙たちが働くスマホゲーム会社で、ゲームの新キャラクターが他作品のパクリではないかという騒動が起こる。さらに千尋は司から「男を浮気相手から取り戻す方法......男を腑(ふ)抜けにするセックスを教えてやる」と提案される。第2話にして急展開が訪れるようだが、“恋ヘタ“な男女の不器用な恋模様の行方は?

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:4/18(火) 17:54

トレンドニュース(GYAO)