ここから本文です

群馬の名門スタジオが開発したヘッドホン、試聴/販売店舗を拡大

4/11(火) 21:16配信

Stereo Sound ONLINE

各店頭でT3-01を試聴できる

 TAGO STUDIO TAKASAKIは、1月にヘッドホン「T3-01」(5万8320円税込)を発売し、スタジオ店頭および特設オンラインショップに限定して販売してきた。その販路を拡大し、4月29日(土)より、ヘッドホン/イヤホン専門店や一部楽器店において店頭販売を行なうと発表した。

 取り扱いがスタートするショップは下記の通り。各店舗には試聴機が設置されているとのことなので、購入前にサウンドを体感できる。

・フジヤエービック Part3(東京・中野区)
・e☆イヤホン 秋葉原店(東京・秋葉原)
・e☆イヤホン 名古屋大須店(愛知・名古屋大須)
・e☆イヤホン 大阪日本橋本店(大阪・日本橋)
・e☆イヤホン 梅田EST店(大阪・梅田)
・宮地楽器 本店(東京・御茶ノ水)

 T3-01は、「音のプロフェッショナル達の、音作りに込めた思いをそのまま届けたい」とのコンセプトで、群馬県高崎市のレコーディングスタジオ「TAGO STUDIO TAKASAKI」と、同じく高崎市にあるヘッドホン製造メーカー株式会社TOKUMIが共同で製造、開発した密閉型のオリジナルヘッドホン。

 究極のナチュラルサウンドを目指し、部材から製造に至るまでこだわり抜いているという。イヤーカップは国産のカエデ材を用い、家具や建築を手掛ける飛騨高山のオークヴィレッジによって加工されている。

 自然で伸びのある音質というドライバーユニットは40mmの本機のために開発された「シルクプロテインコーディング振動板」。群馬県繊維工業試験場との共同研究成果品とのことで、伝統の群馬県産シルクを振動板に適するよう精錬し、溶液化することで実現したそうだ。

 また、東京・中野の中野サンプラザで4月29日(土)~30日(日)に開催される「春のヘッドフォン祭2017」にTAGO STUDIO TAKASAKIが出展するとのことで、ここでも試聴が可能だ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:4/11(火) 21:16
Stereo Sound ONLINE