ここから本文です

エジルやサンチェスより優先か ヴェンゲル監督が契約延長を切望する選手とは!?

4/11(火) 8:11配信

theWORLD(ザ・ワールド)

10代の頃からアーセナルでプレイ

アーセナルは来シーズンで契約の切れる選手が多くいるため、今夏に契約更新または移籍の準備をしなければならない。その中でもチームの大黒柱である、アレクシス・サンチェスとメスト・エジルが最優先だろう。

しかしアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、2011年にサウサンプトンから獲得したアレックス・オックスレイド=チェンバレンを残すことが極めて重要だと語った。チェンバレンはウイングだけでなく中盤でもプレイし、マルチな活躍を見せている。同監督のコメントを英『INDEPENDENT』が伝えている。

「私の見解ではチェンバレンがアーセナルに残ることが極めて重要だ。彼がとても若いときに獲得した。ともに築き上げ、そして素晴らしいメンタリティーを持っている。彼のメンタリティーが好きだし、素晴らしいサッカー脳を持っている。彼のような選手を失うことは大きなダメージとなるだろう」

10代のころからアーセナルでプレイし、現在23歳となったチェンバレンはチームに必要不可欠な存在となりつつある。時折チームを鼓舞するジェスチャーを見せるなど、リーダーとしての気質も感じられる。しかし絶対的な存在となるためには1年通して安定した活躍が求められるだろう。チェンバレンはクラブと契約延長し、アーセナルの未来となれるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合