ここから本文です

連敗ストップのサンフレッチェに試練 神出鬼没な“攻撃の切り札”が負傷離脱

4/11(火) 12:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

7日のガンバ大阪戦で負傷

7日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節でガンバ大阪に勝利し、リーグ戦の連敗を4で止めたサンフレッチェ広島。復調の兆しが見えつつある同クラブに、暗雲が漂った。

同クラブFW宮吉拓実が同試合中に左ふくらはぎ筋を損傷し、戦線を離脱すると同クラブ公式ホームページが伝えている。なお、全治に約4週間を要することが併せて発表された。

今季は同リーグ第2節より途中出場を続けており、同クラブの攻撃を活性化させる役目を担っていた宮吉。相手のマークを振り切る動き出しとシュートセンスは秀逸なだけに、完全復活が望まれるところだ。攻撃の切り札を一時的に欠くことになった同クラブだが、この難局を乗り越え、連勝を記録することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/