ここから本文です

東芝、テレビ事業売却へ 「半導体」に続き

AbemaTIMES 4/11(火) 14:33配信

 経営再建中の東芝は巨額の損失を穴埋めするため、半導体事業だけでなく国内のテレビ事業の売却も検討していることが明らかになった。

 東芝はすでに海外のテレビ事業について、ブランド名を残して製造販売から撤退している。東芝は国内のテレビ事業についても年々縮小していて、売却も検討しているという。また、稼ぎ頭の半導体子会社の売却も進めていて、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が2兆円を超える金額を提示するなど、海外企業10組前後が入札している。

 しかし、日本企業の入札はないため、政府主導の民間企業による日本連合や政府系ファンドによる出資も検討されているが、実現するかどうかは不透明な情勢だ。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:4/11(火) 14:33

AbemaTIMES