ここから本文です

あなたならどう使う?手のひらサイズの新型ドローンが登場

ホウドウキョク 4/11(火) 18:30配信

「手のひらサイズ、GPS自動追跡で4Kカメラ搭載」。こんなハイスペックなドローンが登場した。

ドローンのプロモーション動画を見る

このドローンを使うと、どんなことができるのか? まずはプロモーション動画をご覧ください。【リンク参照】

重さ80グラムで規制に引っ掛からない

鈴木唯アナウンサー
こちらのドローン、クラウドファンディングでおよそ2万円で購入できるのですが、皆さん欲しいですか?

佐々木俊尚
ドローン、どうなんですか…持ってます?

鈴木
持ってないです。えっ普通、持ってるんですか?

佐々木
いや、持ってないよ。

松葉信彦(ギズモード・ジャパン編集長)
僕は会社で1個買って、撮影用に使ったりはしましたね。

鈴木
便利ですか?

松葉
ちゃんと定位置で止まってくれたりするので、自分で撮れない視点からうまくこう…。法規制があるので室内で使うことが多いんですけど、こういうサイズ感だったら、室内で使うにはいい感じがしますね。

佐々木
ドローンって、一時いろんなところに飛んで首相官邸に落ちたりして大騒ぎになって、それで規制が厳しくなって200グラム以上はたしか規制がかかっている。このドローンは80グラムで規制に引っ掛からないから、どこで飛ばしても大丈夫なんですね。

米川一成(取材撮影部部長)
ただ、あまりにも軽すぎて風で煽られるからお台場での撮影は難しいでしょうね。うちの撮影部が使っているドローンでさえ、お台場はちょっと嫌ですよね。

佐々木
それ、でかいやつですか?

米川
そんなに大きくないです。こんなもんですね。でもやっぱり風が怖いです。

小さいからこそ使う人の倫理が問われる

鈴木
ドローンって個人的に買うには申請とかっているんですか?

米川
買うのは全然問題なくて、使う場所が問題で都内だったらDID地区(人口集中地区)では申請が必要だったりするんだけれど、部屋の中は航空法とは関係ないから平気なんです。プライバシーの問題とかいろいろあるから、簡単に飛ばせるからこそ危ないんだよね。使う人の倫理が問われるというか何というか。2万円で買えちゃうようなものだから、ふっと飛ばして、鈴木さんの顔をマークして後をつけて撮影することも可能なわけじゃない。

鈴木
あ~、気付かないで盗撮みたいな。

佐々木
ものすごい小さいのとか出てきてるもんね、このぐらいのやつ。
この前、スマホのケースと同じサイズっていうのが出てたでしょ、60グラムぐらいの。あれだと、後ろを飛んでても気付かないかもしれない。自宅のマンションに入るときにドアを開けたら、一緒にドローンが入ってきてタンスの陰かなんかにいて、寝静まってから顔を映しに行くとかができてしまう。

鈴木
そういう問題もあるんですねぇ。

1/3ページ

最終更新:4/11(火) 18:30

ホウドウキョク