ここから本文です

北海道・帯広 信金の巨大看板が落下 老朽化と強風が原因か

4/11(火) 14:39配信

AbemaTIMES

 10日、北海道・帯広市内で鉄製の巨大看板が突然落下した。幸い周囲には人がいなかったため、けが人はいない。

 落ちた看板は帯広信用金庫東支店のもので、1973年に設置したという。看板が落下した当時の帯広市では、最大瞬間風速約15mを観測した。これを受けて、帯広信用金庫はすべての店舗の看板を緊急点検している。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:4/11(火) 14:39
AbemaTIMES