ここから本文です

指原莉乃、元ホストの危機一髪体験に驚愕 「シャンパンに睡眠薬」

4/11(火) 22:00配信

AbemaTIMES

 11日、HKT48の指原莉乃(24)と、ブラックマヨネーズの小杉竜一(43)、吉田敬(43)がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。この番組は、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男にひっかからないための「ゲス恋から学ぶ恋の教科書」がテーマ。この日の放送では、これまでに300人以上の女性をだましてきた元ナンバーワンホスト・ピアス芸人のランディー・ヲ様が、飲み物に睡眠薬を混入された際のエピソードを語った。

 ランディーはホスト時代、中年の女性客から「沖縄の無人島をプレゼントする」と言われたことがあり、沖縄まで従業員を連れて見学に行ったそう。しかしその客は以前、ランディーの飲み物に睡眠薬を入れたことがあるため、ランディーは身の危険を感じつつ「暴いてやろうと思って。あえて(危険を冒して)無人島に行たんですよ」と当時を振り返った。

 「そこで僕、“トイレに行ってくる”と言って、わざと席を外したんです。でもトイレ入った瞬間にドアを開け(て客を観察し)たら、僕のシャンパンにやっぱり何か入れていた」と告白。その時、事件は起きた。

 「前に睡眠薬を入れられた時は、ウーロンハイだった(から変化がわかりにくかった)けど、今回はシャンパンのせいか、なんらかの化学反応でめちゃくちゃ泡が出てましたね」「それを見て僕も驚いたけど、そのおばさんもシャンパンに入れるのは初めてだったのか、すごく焦っていた。証拠隠滅で自ら一気に飲み干して、そのまま寝ましたね」と語った。

■シャンパンに薬を入れたら… 光景は「バイオハザードみたい」

 「そんなこともあったので、本当は“3泊していけ”って言われていたけど、それで日帰りに変更しました。送迎のヘリコプター業者に“僕、日帰りするので、島で待機してくれませんか”ってお願いしておいて、ヘリで帰りました」「おばさん、ヨタヨタと吐きながら追いかけてきたけど、業者に“いいから飛んでください”と頼んで逃げました」と“非道”な一面をチラリ。その光景を「バイオハザードみたいだった」と振り返った。

 このエピソードは指原が“この日最も勉強になった話”に認定。指原は「シャンパンに薬を入れたら泡が出るんですね」「飲み物に泡が多かったら気を付けないと」と感心した様子で、ブラマヨの2人とともに「メントス入れたコーラみたいになるんだ」とうなずき合っていた。

(AbemaTV/『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』より)

最終更新:4/11(火) 22:00
AbemaTIMES