ここから本文です

バレンシア、新会長は元外交官 クラブ初の女性会長レイ・フン・チャン氏が辞任を発表

4/11(火) 21:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

会長の交代は2017年7月

リーガ・エスパニョーラのバレンシアは、レイ・フン・チャン氏が会長職を辞任することを発表した。正式には2017年7月1日に会長交代となる。

シンガポール投資家、ピーター・リム氏がバレンシアのオーナーとなった2014年にクラブ史上初の女性会長となった同氏は「ファンの熱意と信頼関係の回復が不可欠。だが我々はまだ大事なシーズンが終わっていない。選手たちが最善の形でシーズンの終えられるよう、チームを支えて働いていく」と語った。スペイン『as』が伝えている。

後任は現在、エグゼクティブ・ディレクターを務めているアニル・ムールティ氏。シンガポール人の元外交官で、オーナーのピーター・リム氏とは十年来のつきあいだという。バレンシアは昨シーズン12位に沈み、今季もリーグ順位で中位を漂う苦しい状況を抜け出せていない。新会長への期待は大きい。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合