ここから本文です

女子バスケ代表が都内で強化合宿 篠崎らアピール

カナロコ by 神奈川新聞 4/11(火) 18:24配信

 トム・ホーバス新監督の下、2018年ワールドカップの出場権が懸かかる女子アジア・カップ(7月・インド)3連覇に向けて招集されたバスケットボール女子の日本代表候補選手が10日、東京都内で第1次強化合宿を公開した。

 若手中心の顔触れで、昨年のリオデジャネイロ五輪代表入りを逃した松蔭大出身の篠崎(富士通)は「開き直ってやるだけ。新しい目で見てもらえるのでチャンスだと思う」と強調。今季から富士通に入団した、187センチで18歳の栗林は「代表合宿に参加させてもらえるのは貴重。ゴール下で存在感のあるプレーをしたい」と意気込んでいた。

 リオデジャネイロ五輪代表から長岡(富士通)と吉田(JX-ENEOS)が参加。20日からの第2次合宿から他の五輪代表勢も加わる予定。

最終更新:4/11(火) 18:24

カナロコ by 神奈川新聞