ここから本文です

波瑠、不倫する役に戸惑うも「恋をしている感覚を大事に演じる」

4/11(火) 15:25配信

クランクイン!

 女優の波瑠が11日、都内で開催された主演ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系/4月18日放送開始)の完成披露試写会&舞台挨拶に、共演の東出昌大、仲里依紗、鈴木伸之らと出席。不倫をしてしまう女性という役に波瑠が、「最初、戸惑いがありました」と心境を告白した。

【関連】波瑠、東出昌大らが登壇『あなたのことはそれほど』舞台挨拶の様子


 本作は、『柔く潔く』などで知られるいくえみ綾の人気漫画を原作とした実写化ドラマ。“2番目に好きな人”と結婚した主人公の美都(波瑠)が、小・中学時代の初恋相手と偶然再会し、禁断の恋に足を踏み入れながら揺れ動く姿を描く。

 不倫の恋に進んでしまう役に「最初、戸惑いがありました」という波瑠だが、「私が演じていくのは“不倫をしている”というより“恋をしている”女性。それは(一般的には)おかしいことなんですけど、“恋をしている”という感覚を大事に演じていくことで、リアリティみたいなものを出せるのかな」と撮影で心掛けていることを明かす。

 また今回、波瑠と東出は初共演。波瑠は東出の印象について、映画『聖の青春』で演じた羽生役のイメージからか「落ち着いた方。縁側で将棋でも指していそうな」といい、でも撮影でずっと一緒にいることで、最近は「とても話しやすい方」になってきているとのことだ。それに対して東出は「それもありますが、僕自身いろいろ複雑になっている人間で…」と意味ありげに語った。東出から見た波瑠は「凛とした方。『あさが来た』も観ていたんですけど、大和撫子、芯があって素敵な女性だな」と、その印象を語った。

 一方東出は、鈴木とは今回が3度目の共演。子持ちの役のを演じるのに戸惑う鈴木が「でっくん(東出)が、家に遊びに来て子どもを抱っこする練習していっていいよと言ってくれて…」と嬉しそうに話すと、東出は「のぶ(鈴木)とは『桐島、部活やめるってよ』のオーディションの頃からずっと一緒だったんです。今回は僕の妻を取ってるんですけどね」と笑った。

 最後に波瑠は視聴者に向けて「バカだなと思って観てもらえればいいなと思います」とメッセージ。「自分の大事な友達が不倫をしていると『やめなよ』と言うと思うけど、友達の友達くらいの話だとちょっと面白くて話を聞いてみたくなるような、いけないとわかっていてもそうなる、それを覗き見る感覚で楽しんでもらいたいと思います」と勧めた。それを受けて東出も「覗き見をした時に目が離せなくなるような作品にしたい」と意気込みを語った。

 新ドラマ『あなたのことは それほど』は、TBS系にて4月18日より毎週火曜22時放送(初回は15分拡大)。

最終更新:4/11(火) 15:25
クランクイン!