ここから本文です

輪島朝市近く、竹製オブジェ新調 竹の小路共同事業団体

4/11(火) 1:28配信

北國新聞社

 輪島市河井町の朝市通りに隣接する通称「竹の小(こ)路(みち)(木下小路)」の商店など13軒でつくる「竹の小路共同事業団体」は9日、小路に備え付ける発光ダイオード(LED)付きの竹製オブジェ37本を新調した。小路を彩り、歩行者の目を楽しませる。

 事業団体は北陸新幹線開業などに合わせ2年前、花を飾る竹製オブジェとLEDを小路に設置した。最近はオブジェのひび割れや変色が目立っていたため、メンバーが新たに制作した。オブジェは高さ約1・2メートルで、従来より2本増やした。

 オブジェに取り付けるLEDは、これまでのピンク1色から青や緑など5色に変わるものに変更した。日没から日の出まで点灯する。

北國新聞社

最終更新:4/11(火) 1:28
北國新聞社