ここから本文です

カブス上原「寒いです」気温4度サヨナラ呼ぶ好救援

日刊スポーツ 4/11(火) 16:08配信

<カブス3-2ドジャース>◇10日(日本時間11日)◇リグリーフィールド

 カブス上原浩治投手(42)が、本拠地開幕戦で初登板し、2/3回を無安打無失点1奪三振と好投した。

【写真】本拠地開幕戦のセレモニーに登場したカブスの上原

 勝敗は付かなかった。

 2-1と1点リードした8回表1死一、二塁のピンチに救援。代打アットリーを一ゴロに仕留めたものの、併殺を焦った遊撃ラッセルが一塁へ悪送球。二塁走者が生還し、同点に追い付かれた。

 それでも、続くプイグを空振り三振に打ち取った。

 これで開幕から4試合連続無失点。レッドソックス時代の昨季から通算すると、19試合、18イニング連続無失点となった。

 試合は、カ軍が9回裏、リゾの適時打でサヨナラ勝ちを収めた。

 悪天候のため、約2時間遅れとなったものの、試合前には昨季世界一となった記念として選手全員で優勝ペナントを掲揚。リーダー格のリゾからオーナーのリケット氏に優勝トロフィーが手渡されるセレモニーが行われた。

 本拠地での初登板を終えた上原は、「今日は勝ったからそれでいいです。(印象は)寒いです。今日の感想はそれしかないでしょう」と、気温4度の中の試合を振り返っていた。

最終更新:4/11(火) 17:50

日刊スポーツ