ここから本文です

飯能市のふるさと納税返礼品「ムーミン」グッズが大好評! 新しく登場した返礼品とは……/埼玉

4/11(火) 13:02配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2051

■ムーミングッズの返礼品が大好評。寄附額は前年度の42倍に

寄付した額のほぼ全額が税額控除される“ふるさと納税制度”。各自治体が趣向を凝らす返礼品ですが、埼玉県飯能市では、昨年から返礼品として“ムーミン”のグッズをラインナップし、人気を呼んでいます。なんと前年度の寄附額(397万1,000円)の42倍(約1億6,700万円)の寄付があったのだとか。

【写真で見る】飯能市のふるさと納税返礼品「ムーミン」グッズが大好評! 新しく登場した返礼品とは……

そしてこのたび、返礼品に〈MOOMIN ファブリックフレーム〉〈MOOMIN プランターケース&鉢植えセット〉が新しく登場。いずれも飯能市内の事業者が製作を手がけた商品です。

〈MOOMIN ファブリックフレーム〉は、市内の〈サインアーテック〉が手がける商品。インテリアとして最近人気の高いファブリックフレームを、ムーミンアートで生産したオリジナルアイテムです。

専用にデザインした柄を1点ずつプリントして使用しているので、フレームサイズピッタリなのが特徴。アート作品としてお部屋を彩ってくれそう。Lサイズ、Mサイズ、Sサイズ、3つのサイズ展開とそれぞれの柄があります。


■飯能市名産の材木・西川材を使ったプランターケースも

もうひとつの〈MOOMIN プランターケース&鉢植えセット〉は、市内の〈サカモト〉と〈吉田園芸〉が手がけたもの。ムーミンの絵柄がレイアウトされた木製のプランターケースに季節のお花を入れたセットです。

プランターケースは、飯能市名産の材木・西川材のヒノキが素材。中には、季節のお花として“ヘリオトロープ”が2鉢セットで入っています。ヘリオトロープは独特の香りのよさから“香水の花”という愛称で親しまれているお花。見た目だけでなく、香りも楽しめそうです。

なぜ飯能市でムーミングッズが? それは2019年、フィンランドをのぞけば世界で初めて、ムーミンの物語をテーマにした〈ムーミンバレーパーク〉が開業するから。以降も、飯能市ならではのムーミンコラボグッズを公開予定とのことです。それぞれの返礼品の詳細はふるさとチョイスの飯能市ページ、もしくは飯能市ホームページにて。


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。