ここから本文です

【日本ハム】栗山監督、3年ぶり6連敗に落胆「特効薬ない」

スポーツ報知 4/12(水) 7:03配信

◆日本ハム0―3ソフトバンク(11日・札幌ドーム)

 昨季日本一の日本ハムに試練が訪れている。9回2死、代打・矢野が右飛に倒れ、14年8月以来の6連敗を喫した。主軸を欠いての苦しい戦いにも、栗山監督は「(欠場者は)関係ない。いるメンバーがベストメンバー」と言い訳はしなかった。

【写真】3回2死満塁、投球動作でつまずいてボークで先制された高梨

 何かに呪われているかのように、故障者が増えていく。左太もも裏を肉離れし、9日に出場選手登録を抹消され、インフルエンザにも感染した大谷に加え、9日のオリックス戦で右内転筋筋挫傷を負った中田も欠場した。さらに守護神・マーティンまでも右肘の張りで登録抹消と、泣きっ面を蜂に刺されまくっている。

 飛車角落ちの打線は迫力不足が際立つ。千賀の前に13三振を喫するなど、2試合連続無得点。2回1死一、三塁から三塁走者・岡が捕手のけん制に刺されるなど、少ないチャンスをミスでつぶした。指揮官は「特効薬なんてない。絶対勝ちたいという気持ちを相手より前に出していくしかない」とナインの奮起を求めた。

 中田も責任を感じている。「テレビ越しにみんなの姿を見るのは悔しかった。(12日は)多少の痛みがあっても出るつもり。監督、トレーナーの判断になるけど、そのつもりで札幌ドームに来たい」と強行出場も辞さない覚悟を見せた。

 【日本ハムの主な故障者】

 ◆1軍

 ▼大谷 昨秋に右足首を痛め、8日のオリックス戦(京セラD)で左太もも裏を肉離れ。10日に「インフルエンザB型」発症。

 ▼中田 9日のオリックス戦(京セラD)で右足付け根付近に痛みを覚え、10日に「右内転筋筋挫傷」と診断。

 ▼マーティン 右肘の張りで11日に出場選手登録抹消。

 ◆2軍

 ▼大田 3月4日のオープン戦・巨人戦(札幌D)で左腹斜筋筋挫傷を発症し、現在も別メニュー調整。

 ▼浅間 春季キャンプ中に腰痛を発症。復帰間近。

 ▼谷口 3月16日に右膝前十字靱(じん)帯再建手術受ける。

 ▼飯山 2月下旬に左大腿二頭筋筋挫傷を発症し、現在もリハビリ。

最終更新:4/27(木) 5:33

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/28(金) 3:50