ここから本文です

真央、7月氷上に復帰 アイスショーで第2の人生スタート

夕刊フジ 4/12(水) 16:56配信

 衝撃の引退宣言が日本中を揺るがした女子フィギュアスケートの浅田真央(26)。早くも“真央ロス”が広がる中、今年7月開催のアイスショーで引退後、初演技を披露することが明らかになった。12日午前の引退会見では、会場は300人近い報道陣で騒然となり、テレビも新聞も真央一色となった。浅田は競技者としてはリンクを降りるが、新たな人生を踏み出す。

 引退会見会場となった東京プリンスホテルには300人を超える報道陣や国内外のテレビ各局のカメラが詰めかけ、むせかえるほどの熱気に包まれた。

 そんな中、再スタートの場として選んだのが7~8月に大阪と名古屋で開催されるアイスショー「THE ICE」だ。浅田自身が座長を務め、2007年から真夏恒例イベントとして定着し、思い入れの強い舞台だ。

 演目は未定だが、海外で新プログラムを作るとの情報も。さらにはブログでもファンへの感謝の気持ちをつづっており、演目には過去のプログラムが組み込まれる可能性もあるという。

 真央の姉でタレントの浅田舞(28)は11日、妹の引退について「本当にお疲れさまという言葉と、ありがとうを伝えたい」と涙を浮かべてコメント。さらに「姉妹でゆっくりお酒を飲んだことがないので、一緒にお酒を楽しみたい。暖かいところに旅行に行ってみたい」と妹への気遣いをみせた。

 国民栄誉賞を期待する声も高まる。菅義偉官房長官(68)は11日の会見で賞には言及しなかったが「(引退は)非常に驚いた。多くの人にとって浅田選手の演技は金メダルだった」と最大級の賛辞を贈った。

最終更新:4/12(水) 17:10

夕刊フジ