ここから本文です

スワーヴリチャード、皐月賞最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

4/12(水) 12:15配信

netkeiba.com

 共同通信杯を勝って、皐月賞(4月16日・中山芝2000m)に出走を予定しているスワーヴリチャード(栗東・庄野靖志厩舎)。netkeiba.comの予想オッズでも1番人気(12日11時現在)の支持を受けているが、今朝はレースに向けた最終追い切りをCWで行っている。

 四位洋文騎手が跨って、ウォーターレスターを追走。向正面での2頭の差は2秒以上あったが、1Fごとに距離を縮めていき、4コーナーでは射程に入れてコーナーを回ってくる。

 最後の直線は内に進路を選んで、最後は馬体を並べての追い比べ。といっても、こちらの手応えは最後まで余裕十分。ゴールではクビか半馬身ほど先着してフィニッシュし、時計は6F81.4~5F65.4~4F51.3~3F37.6~1F12.0秒。

 輸送があるからといって手控えるようなこともなく、しっかりとやってきた点は不安がない証拠。むしろ過去の最終追い切りと比較しても、6F時計は一番速いだけに、大一番に向けて、渾身の仕上げといってよいのかも知れない。

(取材・写真:井内利彰)

最終更新:4/12(水) 12:36
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ