ここから本文です

元NMB48山田菜々、単独初主演映画撮影で胸元に虫が侵入「モジャモジャしていた」

4/12(水) 5:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 元「NMB48」の山田菜々が映画単独初主演を飾った「マスタード・チョコレート」の完成披露試写会が4月11日、都内で行われ、山田をはじめ共演の太田基裕、染谷俊之、神永圭佑、メガホンをとった笹木彰人監督が舞台挨拶に立った。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 第15回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門新人賞に輝いた、冬川智子氏による同名漫画を実写化。友だちのいない不器用な高校生・津組倫子(山田)が、美術大学受験をきっかけに、友情や恋を意識し始め成長する姿を描く。山田は「タイトルに『ポンコツ少女の友情と恋』と書いてあります。NMB48のころからポンコツといじられて生きてきて、嫌だったんですが、(今作オファーを受け)『キタコレ! よかったポンコツで』と思いました」と喜びながらも、「自分ではポンコツと思っていないんですけどね」としょげかえっていた。

 一方で「今後やってみたい役は?」と問われると、山田は「男の人をはぐらかすような役!」と回答。MCから「たぶらかす、では?」と指摘され、苦笑しながら「たぶらかすような、小悪魔な役を演じてみたいです」と明かしていた。

 さらに「人生で一番頑張ったことは?」との質問には、「中学校くらいかな、バレンタインデーに好きな人にタルトを手作りしたんです」と告白。しかし「食べてもらったらタルトが硬すぎて、歯が折れるという」と苦い思い出で場内を驚かせ、「その恋はうまくいかなかったか? そうですね……」と肩を落としていた。

 撮影は2016年8月下旬に行われ、キャスト陣はしたたる汗や虫に悩まされたという。山田は撮影中、服に虫が入ってしまったそうで、「虫がこの世で一番嫌いなんですけど、胸元でモジャモジャしていたんです。服の中を見たら、黒い物体が泳いでいた」と顔を歪ませて吐露。共演シーンの多かった太田は「山田さんが『やばい、やばい』と騒いでいたんですが、僕は見られないじゃないですか。僕もテンパっていました」と振り返り、山田は「ジャンプしたらいつの間にか落ちていました」と話していた。

 「マスタード・チョコレート」は、4月29日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

最終更新:4/12(水) 5:00
映画.com