ここから本文です

【マレーシア】CIMBがフィンテック子会社、専任幹部も

NNA 4/12(水) 11:30配信

 マレーシア商銀大手のCIMBグループ・ホールディングスは10日、フィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)の子会社を設立すると発表した。併せてフィンテックの最高責任者も選出した。
 新たに設立する新会社は、CIMBフィンテック。また、グループのフィンテック部門トップの最高フィンテック責任者として、フランス人のオリビエ・クリスパン氏を新たに迎える。クリスパン氏は過去28年にわたり金融分野に従事し、先にはインド初の生体認証と人工知能(AI)を用いたモバイル・バンキングシステムの立ち上げにも携わった経験を持つ。同氏の着任は、マレーシア中央銀行の承認を待って、今年6月になる見通しだ。
 ザフルル・アジズ・グループ最高経営責任者(CEO)は声明の中で、「新会社をグループのフィンテックハブに位置付け、デジタル面での目標を実現したい」とコメント。新会社を通じて、最新技術を導入した商品や顧客サービスの強化を図って行く方針を示した。
 CIMBは現在、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のうち、フィリピンを除く9カ国で事業を展開。ASEAN地域全体での顧客数は1,200万人に及ぶ。ほか、米国と英国、中国、インドなどにも拠点を置く。

最終更新:4/12(水) 11:30

NNA