ここから本文です

Ultra HD Blu-rayの4K/HDR映像やVRヘッドセットに対応した「PowerDVD 17」が発売

Impress Watch 4/12(水) 6:00配信

 台湾のCyberLink Corp.は11日、定番Blu-ray/DVDプレイヤー“PowerDVD”シリーズの最新版「PowerDVD 17」の販売を開始した。ダウンロード販売の価格は、Blu-ray再生機能などを省いた“Standard”エディションが4,800円、“Pro”エディションが9,500円、最上位の“Ultra”エディションが11,800円など(いずれも税込み)。30日間利用可能な体験版も用意されており、現在同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「PowerDVD 17」では主に“Ultra”エディションへの機能追加が行われている。最も大きな変更点は、Ultra HD Blu-rayに対応したこと。Ultra HD Blu-rayは、4K映像コンテンツによる高精細な解像度、大幅に拡張された色域、ハイダイナミックレンジ(HDR)、最新のサラウンドオーディオ形式に対応し、従来のBlu-rayよりも大幅にリアルな映像を楽しむことが可能。

 ただし、再生には64bit版のWindows 10が必須となるほか、4K対応モニターや、CPUにIntel Software Guard Extensionsテクノロジーに対応するIntelの第7世代Core i5/i7プロセッサーの一部(KabyLake-SおよびKabyLake-H)を利用しているなどのハードウェア条件を満たす必要がある。同社は利用しているPCがこれらの条件を満たしているかを確認できるツール「CyberLink Ultra HD Blu-ray Advisor」を無償公開しているので、Ultra HD Blu-rayを再生したい場合は、事前にチェックしておこう。

 さらに、HDR非対応の映像をHDRに変換しながら再生する“TrueTheater HDR”機能も搭載。また、YouTube上にある4K、フルHD、360度3D映像を本ソフト上から再生することも可能になった。YouTube動画は“ピン留め”機能を使うことにより、ローカルにキャッシュを作り、オフラインで再生することも可能。

 “HTC Vive”および“Oculus Rift”にも対応し、YouTube上やRICOH THETAで撮影した360度3D映像をVRヘッドセットで楽しめるようになった。VRヘッドセットを利用した際は、コントローラーを使って「PowerDVD」の操作を行えるほか、PCのモニターにもヘッドセットで見ている映像を映すことができる。

Amazonで購入:サイバーリンク PowerDVD 17 Ultra 通常版ソフトウェア情報「PowerDVD 17」体験版【著作権者】CyberLink Corp.【対応OS】Windows 7/8/8.1/10【ソフト種別】体験版(製品版はダウンロード販売 税込み11,800円など)【バージョン】17.0.1523.60(17/04/11)

窓の杜,長谷川 正太郎

最終更新:4/19(水) 11:52

Impress Watch