ここから本文です

アウトライアーズ田辺騎手「冷静になって乗りたい」/皐月賞共同会見

4/12(水) 18:42配信

netkeiba.com

 トライアルのスプリングS(GII)で2着に入り出走権利を取ったアウトライアーズ(牡3・美浦・小島茂之)が、田辺裕信騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを消化。追い切り後に小島調教師と田辺騎手の共同記者会見が行われた。

■小島調教師

(前走を振り返って)
「休み明けだった分、少し切れがなかったかなという感じがしますね。ただしっかり調教をやってきたということと、最後ちゃんと2着に来てくれたので、そういう意味では評価していいかなと思います」

(中間の調整は?)
「疲れもそれほどなくて落ち着いていたので、早いうちから時計を出してきて、内容の濃い調教ができました」

(今日の追い切りの指示は?)
「中間は落ち着き過ぎているところが気になっていました。元々かなり興奮しやすくてカッカするタイプなので、それを注意してずっと調教をやってきたのですけど、今回はカッとしてもすぐに落ち着くんです。それは(本来は)良いことなんですけど、(この馬の場合)その点が良いのか悪いのか…。

 先週乗った田辺騎手も『すごくフワッとしている』と言っていたので、今日は前に行っている2頭を目標にしました。心臓や体はできていると獣医さんからも太鼓判を押してもらったので、前にいる馬を抜いても抜かなくてもどちらでも良い、攻めるか攻めないかどちらに転んでも大丈夫なデキだからと田辺騎手に任せました」

(追い切りの評価は?)
「スタートして少し置かれてかなり後ろからになりました。ゴール板を過ぎて併入した感じですが、最後はしっかりとしていました。気持ちの方は良く言えば落ち着いている、気になる言い方をすれば、気持ちが乗ってこないという感じもあります。ただ『何も知らないでこの馬に初めて乗ったとしたら、すごく良いですよ』と田辺騎手も言っていました。落ち着いていたのでしっかり攻められたので、そういう意味ではやり切って出走させられるなと思っています」

(精神面での成長があった?)
「ちゃんと暴れるところとか、元気良いところは見せるので、元気がないわけではないです。ただ火がついた後の戻りが早く、走ってからのムキになる度合いが減ったというだけなので、距離が延びて良い方に出てくれるのではないかと今は思っています」

(3戦3連対の中山コースの適性は?)
「2000mや1600mとその時々の精神状態に合わせて距離を使い分けてきました。今回は落ち着いている状況で1度勝っている中山2000mを使えるのは、中山に実績がある分、気持ちは楽ですね」

(相手関係について)
「ウチの馬にまで人気が回ってこなそうなくらいメンバーが揃っているので、そういう意味ではレースを楽しみにしています。こんな混戦でしかも牝馬も出ますし、こちらは不安要素がないので、その中でどんな競馬ができるのかなとファン目線みたいな感じで楽しみですね」

(今回はどのような競馬を?)
「前はスタートした後にムキになって行っていたのですけど、今は調教でもフワーッと出ていくので、馬が行く気なければ行かなくても良いのではないかと、今日話をしました。もしかすると競馬ではいつも通りスッと中団に自分から行くかもしれないですし、田辺騎手も無理に促すタイプではないですから、馬のリズムを守って真ん中より後ろになるのかなとも思っています」

(枠順の希望は?)
「枠が決まってからは良かった、悪かったという話になると思いますが、今の時点では無事に出られれば良いと思っています」

(馬場も荒れてきて雨予報もあるが?)
「血統的にもこなせるのではないかとは思うのですが、この時期の競馬はこなせると思っていたのにということは良くありますよね。下手という感じはしないので、良馬場でも悪くなっても対応できると思って週末を迎えられる分、今の時点では気分的には楽です」

(ファンへのメッセージを)
「応援してくださる方も少なからずいらっしゃると思うので、そういう方たちの期待に応えられるように調教をしっかりやることができました。あとは当日アウトライアーズがどういう状態で出るか、どんな走りをしてくれるかを私も楽しみにしているので、皆さんの応援も頂ければと思います」


■田辺騎手

(前走を振り返って)
「新馬の1600mのあとの未勝利の2000mではうまく溜めがきいて勝てましたが、段々気が入ってきたので1600mの路線に戻して勝ち上がってきました。前走は皐月賞を意識して距離を延ばしての1800mで、それがどう出るかが1番の課題でした」

(課題に対しての答えは)
「調教から思ったよりおっとりしてきて、良い意味で言うと1600mっぽくないなという感じはしていました。前哨戦なので当然勝ちたかったですけど、皐月賞に良い形で向かいたいというのが1番にあったので、良かったかなと思います」

(2000mへの展望も開けた?)
「1800mも2000mもあまり変わらないなと思っています。あとは当日の雰囲気次第ですけど、前走後も特にイレ込んでいる様子もなく、当然レースを使ったことで息持ちも追い切りの感じでは良いので、調子は上がっていると思います」

(今日の追い切りについて)
「先週も自分で乗って終い強めにやったので、今日また追って少しテンパるかと思ったのですが、意外と落ち着いて走ってくれていたので良かったです」

(今回の作戦は?)
「前走は負けましたが、それによって印が落ちてマークが薄くなるのはこの馬にとってはプラスですし、戦略を立てやすいと思います。レースの流れ次第ですけど、いろいろ考えていきたいです」

(枠順の希望は?)
「特にないですね。馬場状態もありますし、綺麗な芝から発走させたいとは思うので、真ん中より外くらいがほしいというくらいで、特にここが良いというのはないです」

(クラシック初制覇のチャンスが巡ってきたが?)
「この馬の素質は新馬戦に乗せてもらった時から感じていたので、順調にここまで来られたのはとても嬉しいです。皐月賞というのはクラシックの始まりですし、ここだけにとらわれず、この後どうつなげていくかだと思うので、自分の気持ちというよりも、冷静になって乗りたいと思います」

(最後にメッセージを)
「GI路線に出られるのではないかと思って去年の夏から乗ってきましたが、思った通り成長を遂げてくれましたし、やっとスタートラインに立てたなという感じです。これから一緒に大きいところを取れればとても嬉しいです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:4/13(木) 14:51
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ