ここから本文です

闇に浮かぶ桜花が幻想的 松川遊歩道ライトアップ延長

伊豆新聞 4/12(水) 15:55配信

 伊東市の松川遊歩道で、見頃を迎えたソメイヨシノのライトアップが行われている。闇に浮かぶ桜花が幻想的な雰囲気を創出。訪れた行楽客、住民の目を楽しませている。ライトアップは16日まで延長し実施する。

【特集】伊豆各地の花まつりの最新情報

 いで湯橋-通学橋間の遊歩道沿いに植えられた34本のソメイヨシノを46基のハロゲンライトで照らしている。木によって多少のばらつきはあるものの、全体的にほぼ満開。夜桜見物の市民や観光客らの姿も目立っている。

 ライトアップは市と伊東観光協会の春イベント「伊東温泉松川灯りの小径(あかりのこみち)」の一環。遊歩道沿いには色彩豊かな灯籠も並ぶ。時間は午後5時半~10時。

 同協会は「今週末まで(延長して)ライトアップするので、ぜひ松川沿いの夜の風情を満喫してほしい」と呼び掛けている。

 【写説】ライトアップされ幻想美を創出するソメイヨシノ=松川遊歩道

最終更新:4/12(水) 15:55

伊豆新聞