ここから本文です

A・サンチェス争奪戦をリードするマンチェスターC、週給2700万円をを準備か

GOAL 4/12(水) 13:18配信

マンチェスター・シティは、今夏アーセナルからアレクシス・サンチェスを獲得することに自信をのぞかせているようだ。

最近マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督とマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、それぞれ個人的にサンチェスと会談の場を持ち、チリ代表FWはいずれかのチームへの加入を真剣に考えていると伝えられる。さらにロンドンに本拠地を置くチェルシーもサンチェスの獲得に強い興味を見せている一方で、パリ・サンジェルマンへの加入も数か月前からうわさされているところだ。

今夏攻撃陣の刷新を考えているマンチェスター・ユナイテッドは、ウェイン・ルーニーが今シーズン終了後にオールド・トラッフォードを離れることが確実視されている。また、モウリーニョ監督から信頼を得られていないアントニー・マーシャルの将来は不透明のまま。

しかしサンチェスは、すでにユナイテッドではなく、エティハド・スタジアムへ活躍の場を移す決心を固めたといくつかのメディアが伝えている。今シーズンは高い期待に見合わない成績に終わり、来シーズンの巻き返しに向け大きな変化を目論むグアルディオラ監督は、世界各国から優秀な選手の獲得をクラブに要望。特に守備陣の刷新とバルセロナ時代に指導した選手たちの獲得を最優先に資金を投じるようだ。

一番の障壁は、アーセナルがサンチェスを国外のクラブへ売却することを強く望んでいることだ。しかし一方で、ノースロンドンのクラブは、2018年に現契約の切れるチリ代表選手を来夏にフリーで移籍させたくはないと考えている。

28歳のサンチェスは、3月に「ロンドンにある勝利のメンタリティを持つチーム」でプレーすることを望んでいると語っており、最近ではロンドンに家も購入したとも報じられ、チェルシー移籍が目前とされていた。しかし経済的に余裕のあるシティは、サンチェスに週給20万ポンド(約2740万円)のサラリーを準備しており、争奪戦のポールポジションに立っている。

今シーズン終了後にアーセナルを退団することが濃厚となっているサンチェスは、果たしてどのクラブを選択するのだろうか。チリでは歴代最高選手との呼び声の高い同選手の動向に注目が集まる。

GOAL

最終更新:4/12(水) 13:18

GOAL

スポーツナビ サッカー情報