ここから本文です

ODA実績、日本は4位=難民関連が大幅増―OECD

時事通信 4/12(水) 6:16配信

 【パリ時事】経済協力開発機構(OECD、本部パリ)は11日、加盟各国の2016年の政府開発援助(ODA)実績をまとめた。

 日本の支援額は前年比12.7%増の103億6800万ドル(約1兆1400億円)で、前年と同じ4位だった。上位3カ国は米国、ドイツ、英国が占めた。

 中東などから欧州に大量の難民が流入した問題を踏まえ、難民受け入れ関連の支出は154億ドル(約1兆6900億円)と、前年比27.5%の大幅な増加となった。支出全体に占める割合も10.8%となり、1.6ポイント上昇した。 

最終更新:4/12(水) 6:19

時事通信