ここから本文です

端末付きショッピングカートで新会社

SankeiBiz 4/12(水) 8:15配信

 三井物産は11日、自社開発したタブレット端末付きショッピングカート「ショピモ」を食品スーパー向けに本格導入すると発表した。

 全額出資で店舗収益改善を支援する新会社「マーケティング・グラビティ」(資本金4億9500万円)を設立。「ショピモ」には大手食品メーカーや日用品メーカーなど計40社以上が参加し、調味料や加工食品などそれぞれのコーナー近くまでいくと、その日のお買い得商品が画面に表示されたり、購入商品に応じたメニュー選択など買い物しながら楽しめる仕組み。食品スーパーなど4年後に1500店舗への導入を目指す。

最終更新:4/12(水) 8:15

SankeiBiz