ここから本文です

チエル、「CaLabo EX」の最新版と新たな語学学修ソリューション

BCN 4/12(水) 17:25配信

 チエル(川居睦社長)は4月11日、フルデジタルCALLシステム「CaLabo EX」をメジャーバージョンアップするとともに、新たな語学学修ソリューションとして「CALL+MALLソリューション」を発表した。

 約4年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「CaLabo EX ver.8.0」では、学生のアクティブ・ラーニングを促す「グループワーク機能」の強化や、要望の高かった「TED」「YouTube」などの素材を教材化できる機能を付加した。グループワーク機能の強化では、学生(生徒)主体でグループ分けやリーダー立候補、メンバー変更ができるようになった。グループリーダーからメンバーへ、マイク/PC音声の送出・録音やファイル配布ができるほか、学生(生徒)同士でプレゼンテーションを相互評価することができる。また、CaLabo EXに付随している教材システム「ムービーテレコ」で、TEDやYouTubeなどのインターネット上の動画を活用できるようにした。

 新たに提供するCALL+MALLソリューションは、授業外での自主的な学習を実現する語学学修プラットフォーム「CaLabo Language」と、世界の時事英語ニュースでリスニングとリーディングを強化する「ABLish」をモバイル対応し、CALLシステムでの4技能統合型の授業から、授業外での学修を促すソリューション。授業から授業外での個人学習まで、学修プロセスのすべてを支え、4技能育成の徹底的な支援を行う。

最終更新:4/12(水) 17:25

BCN