ここから本文です

北川景子&高梨臨「西郷どん」で大河ドラマ初出演!

映画.com 4/12(水) 13:12配信

 [映画.com ニュース]鈴木亮平が主演する2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の新キャスト発表会見が4月12日、東京・渋谷の同局で行われた。北川景子と高梨臨が大河初出演を果たすほか、北村有起哉、堀井新太、高橋光臣、沢村一樹、斉藤由貴、鹿賀丈史、小柳ルミ子が共演することが明らかになった。

【フォトギャラリー】会見の模様はこちら

 西郷隆盛役の鈴木をはじめ、会見には薩摩のキーパーソンを演じるキャスト陣がズラリ(北村はスケジュールの都合で欠席)。後の篤姫であり、西郷と淡い恋に落ちる於一役の北川は、「NHKの作品も、大河ドラマも初めて」と緊張の面持ちだが、「いつか出演したいと心のなかで目標にしていた大河ドラマに携わることができ、そして素敵な皆さまとご一緒できて光栄です。とても身の引き締まる思いです」とほほ笑む。続けて「過去に篤姫を演じた先輩方から、たくさんのことを勉強し、史実も勉強し、一生懸命に努めたいと思います」と真摯に語り、「大河ドラマのしきたりを知っていく、そういったところからスタートですが、皆さまとしっかりとコミュニケーションをとっていきます」と意欲をのぞかせた。

 さらに西郷の心に正義の炎を灯す農民の娘・ふき役の高梨も、「初めての大河ドラマ、大変光栄です」とニッコリ。「主演の鈴木亮平さんとは、朝ドラ『花子とアン』以来の共演で、今回もオリジナルキャラでご一緒させていただきます。日々、撮影に精進していきます」と話した。

 西郷の良き理解者・赤山靱負役の沢村は、登壇陣で唯一の鹿児島出身者。それだけに「鹿児島弁(薩摩弁)に苦労せずに、皆さんよりはハードル低い」と余裕しゃくしゃくで、「父親の墓参りのため鹿児島に帰ったばかりですが、会う人会う人が、『西郷どん』出ないの? と聞いてきて、ずっとごまかしてきました。やっと、『出ます!』と言えます」と大喜びだ。鈴木の印象については、「僕があと15歳若ければ、体重を20キロくらい増やして、西郷どんをやりたかった」と前置きしたうえで、「初めて鈴木くんと会いましたが、そのたたずまいを見て、西郷どんにそっくりだと思った」と太鼓判を押していた。

 また於一の教育係・幾島役の斉藤は、2016年の「真田丸」に続く大河ドラマ出演。「去年の『真田丸』に引き続きなので、『え、また? いいのかな』と思ったのは事実です」と苦笑しながらも、「(脚本が)とても面白そうな予感がして、やらせていただきますと言ってしまいました」と振り返る。北川とのシーンが多くなるが、「さきほどの北川さんのお話を聞いていて、あまりにも素晴らしくて、(教育係役だが)私が何もすることはないなと思った。北川さんと常に一緒にいることになると思うので、来年は“眼福”です」と期待を込めた。

 「西郷どん」は今夏にクランクインし、2018年1月から放送開始予定。

最終更新:4/12(水) 13:12

映画.com