ここから本文です

共同開発商品 店頭に ローソン×南部商、那覇商

琉球新報 4/12(水) 10:48配信

 ローソン沖縄(浦添市、古謝将之社長)と県内の商業高校生がコラボした商品が完成し、11日から24日の期間限定商品として県内ローソンで販売されている。商品開発プロジェクトでグランプリを獲得した「彩りおにぎり」を考案した南部商業高校生が12日、ラジオ沖縄の番組に出演し、商品をアピールした。


 南部商業高の「彩りおにぎり」はマーケティング部に所属する運天祐輝さん、田場美咲さん、瑞慶覧笑里さんが考案した。野菜が不足がちな忙しい人の朝食にしてもらおうと、ニンジンシリシリー、チキナー炒め、油みそをおにぎりの具にした。食材には国産のみを使用した。最終審査会では県の健康増進計画に基づくデータを提示するなど、商品開発には分析と試行を重ねて挑んだ。価格は150円(税込み)。

 田場さんは「ローソンの店頭でお客さんが手に取っているのを見てうれしかった」と笑顔で話した。



 準グランプリを受賞した那覇商業高の神谷玲奈さん、宮城愛佳さん、伊禮琉花さん、友利莉央さんが開発した「サクッと香ばしい黒糖クロワッサン」は、黒糖風味のクロワッサン生地とメロンパンの生地を一緒に巻いて焼き上げた。生地の中に黒糖入りアーモンドあんが入っており、黒糖の甘味と香りを楽しむことができる。サクッとした食感を出すためにローソンのスタッフと試作を重ねたという。宮城さんは「食感の出し方や、飽きのこない味にするためどうするか工夫をした」と述べた。価格は140円(税込み)。

琉球新報社

最終更新:4/12(水) 11:10

琉球新報