ここから本文です

miwa、奥田民生、アジカン喜多、マンウィズJean-Ken Johnnyら、スコット&リバースのアルバムリリースに祝福コメント

4/12(水) 16:01配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

ウィーザーのフロントマン、リバース・クオモと、ALLiSTER/MONOEYESなど日米の人気バンドで活躍するスコット・マーフィーによるJ-POPプロジェクト、スコット&リバースが、本日4月12日、ニューアルバム『ニマイメ』をリリースした。

【詳細】他の写真はこちら

これを祝して、スコット&リバースと親交の深い豪華日本人アーティストから応援コメントが続々到着。本日一斉に公開された。

さらに、本日20時から、都内某所にて新作からの曲をアコースティックセットでいち早く披露するスペシャルイベントも開催。このイベントの模様は「LIVEミュージック」及び「ソニー・ミュージック洋楽」のLINE公式アカウントで生配信される。

日本をこよなく愛するスコット&リバースが、多彩なコラボで日本への愛を詰め込んだ2ndアルバム『ニマイメ』と共に、さらなるJ-POP/J-ROCK旋風を巻き起こす。

応援コメント
■奥田民生
僕らが外国の音楽を愛するように、
日本の音楽を愛してくれることが、
とてもうれしいと感じます。
日本語うまいねー。
逆に、途中で出てくる英語が、
うまくて腹立ちます。

■喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
リバースのどこか憂いを帯びた声と、スコットのチャーミングな声のマッチングが聴いていくとクセになります。
昨年のweezer来日公演でも1曲だけスコリバで「HOMELY GIRL」を演っていたけど、良い意味で無責任で楽しかったです。
新作も豪華なゲスト陣を迎えて、そんな楽しさと抜群の曲の良さがさらに際立っているように感じました。
こんなパワーポップ、僕が大学の軽音部員だった頃にあったら絶対コピーしただろうなぁ。

■Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)
出会イデスカ。スコットハALLiSTERデ、リバースハweezer。大好キデ聴イテイタノデ一方的ニ僕ガ知ッテイタダケデス(笑)。デモヒョンナ事カラスコット&リバースト自分ガソロデ弾キ語リヲシタ時ニ対バンサセテ頂キマシテ。実ハスコットトハ共通ノ知人ガイタリシテ。更ニソノ後、僕ラガアメリカツアーヲシタ際ニワザワザシカゴノライブニ来テクレタリ。
スコット&リバースノライブニ飛ビ入リデ参加サセテモラッタリ。
好キデ聴イテタ音楽ヲ奏デテイタ人達ト出会ッテ、シカモ音楽デ関ワレルノハ幸セ以外ノ何物デモアリマセン。
1番嬉シイノハ彼達ガ『日本の音楽』ヲ愛シテクレテイテ、ソノ素晴ラシサヲ日本ニイル僕達以上ニ楽シンデ、愛シテ、伝エヨウトサレテイル所。ソノ活動ニヨリ日本ノミナラズ世界中ニモ『日本の音楽って最高じゃない?』テ伝エテクレテイルヨウナ気ガシテタマラナイ。
素晴ラシイ一枚ヲマタ世ニ出シテ頂キアリガトウゴザイマス。マタ遊ビマショー!

■PES(RIP SLYME)
スコット&リバースは、噂には聞いていましたが、今回声をかけていただいて初めてお会いすることができました。
ものすごくカジュアルに言葉の壁を越えているところが、すごいというか、すさまじいなと思っております。
メロディアスなロックから壮大なバラード、「パンツ脱ぐ」ところまで、ホントにすごいアルバムだなぁと思いながら海行くときとかに聴いております。参加できてマジ感謝です! ありがとうございます!!

■miwa
スコット&リバースさんとは、「変わらぬ想い」でコラボしたときに初めてお会いしたんですが、おふたりがとても日本語が上手なので彼らがアメリカ人だということを忘れてしまうくらい、和気あいあいとした感じでスタジオでもすごく楽しかったです。
そんなおふうたりの書く曲は、日本人が書くような「和」的なメロディーだったり切ない歌詞がとても魅力的だなと思っています。また一緒に演奏できる日を楽しみにしています。

リリース情報
2017.04.12 ON SALE
ALBUM『ニマイメ』

ライブ情報
Scott & Rivers ニマイメデショウ
04/18(火) 東京・渋谷WWW X
04/21(金) 大阪・Music Club JANUS

ソニー・ミュージック洋楽(@intsonymusicjp)LINE公式アカウント
https://line.me/ti/p/%40intsonymusicjp

スコット&リバース OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/scottandrivers

Yahoo!ニュースからのお知らせ