ここから本文です

GK西川、窮地救う好セーブ!「満足せず、自分のプレーを」 浦和F組首位浮上

デイリースポーツ 4/12(水) 6:03配信

 「ACL・1次リーグF組、浦和1-0上海上港」(11日、埼玉スタジアム2002)

 第4戦が行われ、F組の浦和はホームで上海上港(中国)を1-0で破って首位に浮上した。ともに3勝1敗の勝ち点9で並び、浦和が直接対決のアウェーゴール数で上回った。前半にFWラファエルシルバ(25)が先制し、GK西川周作(30)の好セーブなどで逃げ切った。

 窮地を救った。後半24分、相手に与えたPK。西川は、移籍金約87億円で加入したブラジル代表FWオスカルと相対した。左に飛んで、上に伸ばした右手1本でセーブした。

 「余計なことを考えずに、オスカル選手のけるタイミングに合わせた」。“無になれ”と口ずさんでスーパーセーブ。同31分のPKもオスカルは大きく外す。相手をのみ込んでいた。

 W杯予選では正GKの座を川島に譲った。その合宿中にPKを練習。「5本中、4本止められた。そのイメージがあった」。視察した日本代表・ハリルホジッチ監督の前での完封でアピールした。

 自らのミスもあって敗れた1カ月前のアウェー戦のリベンジに成功。1次リーグ突破に王手をかけ「満足せず、自分のプレーを継続したい」と引き締めた。

最終更新:4/12(水) 7:54

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報